文字サイズ

小室さん文書公表に批判の声 高橋真麻「眞子さまをお預けして大丈夫なのかな」

 フジテレビ系「バイキングMORE」が12日、秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約が内定している小室圭さんが8日に公表した母親と元婚約者の間の“金銭トラブル”に関する28枚に及ぶ文書について改めて取り上げた。フリーアナウンサー・高橋真麻が「眞子さまをお預けして大丈夫なのかなっていう不安が払しょくできない」と話すなど、スタジオは批判的だった。

 モデルでタレントのアンミカは「国民の皆さまに理解していただくためのっていうことが前提にあるならば、『贈与だと私は理解していたけれども、結局お相手の方が困っているから返すのが筋だと思いました』ということで、心を伝える文章になっているんじゃないかと期待した。それが全くといいほど感じ取れなくて、逆に自己弁護が長くなればなるほどお相手が責められる図式になっていて…」と違和感を強調。

 続けて「法律の観点からして100点であったとしても、皆さんに読んでいただくには長い。アメリカでこれから弁護の仕事をする人が、こんなわかりにくい文章でいいの?っていう心配をしたほど。『名誉』っていう言葉を使われてましたけど、『心からの感謝』と名誉って比例しない言葉に感じて。しかもその名誉が自分だけのっていうならまだしも、これからの将来の家族っていうのを借りて語っているところが何となく…っていう気持ちになりました」と手厳しかった。

 真麻はさらに辛口で「この文書が1枚であろうが100枚であろうが小室さん側の見解でしかないので、全く解決していないと思う。それから、まだ弁護士じゃないのに、弁護士っぽい文章書いてくるのもどうなのかなって。あと個人的な見解ですけど、ホントに400万円は工面できなかったと思うんですよ、返すってなっても。そういうプライドの高さみたいなのが垣間見えるのが、非常に人間として眞子さまをお預けして大丈夫なのかなっていう不安がやっぱり払しょくできない」と、バッサバッサと切り続けた。

 「簡単に言うと、言いたい放題だね」と割って入ったMCの俳優・坂上も「ただ真麻ちゃん言うように、解決してない」と同意。

 さらに「解決してないで、このタイミングで文書を出すということは対立の構図が明らかになる。対立ってなっちゃうと、小室さん側は眞子さまもいて弁護団だっていて。元婚約者の方には、代理人っていっても弁護士さんじゃない。この力関係を世間もわかっちゃってる。日本は良くも悪くも法的な善悪というより印象の方が勝るときがあるから、これイメージ戦略でいったら最悪のパターンだと思うんです」と、文書公表で小室さんのイメージが悪くなったと持論を展開した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス