文字サイズ

金子勝教授 大阪を憂慮、一気に死者急増する「地区別陽性率を情報開示せよ」

 立教大学特任教授で慶応大学名誉教授の金子勝氏が11日、ツイッターに新規投稿。大阪府で新型コロナウイルス変異株による新規感染者が増え、PCR検査の陽性率が10%に近づいていることに憂慮を示した。

 金子教授は「【大阪は感染拡大を防止するには地区別陽性率を情報開示せよ】」とし、「大阪市のPCR検査の陽性率は10%に迫り出した。前回と同様なら集積地で保育園、幼稚園から介護施設、病院に一気に広がり死者が急増する。吉村は自己宣伝のためのテレビより情報開示して徹底検査せよ」と投稿した。

 吉村知事は11日の検査数、陽性率について「本日の検査数1万568件 陽性者数760人 陽性率7.2%(1週平均8.5%)」と発表している。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス