文字サイズ

小倉智昭 菅首相は「コロナ政策も何ら褒めるべきはない」

 フリーアナウンサー・小倉智昭が11日、読売テレビで放送された「そこまで言って委員会」に出演。同じ秋田出身の菅首相について、「なんら褒めるべき(もの)はないと思う」と首相としての手腕に疑問符を投げかけた。

 小倉は数年前に秋田県横手市で講演会を行った際、地元の人から「菅官房長官は総理大臣になりますか?」と聞かれ、「あー、ないでしょうね」と明言したエピソードを披露し、「それぐらいたまたま、タイミングで(総理大臣に)なった方なんで。コロナの政策に関しても、何ら褒めるべきはないと思いますよ、僕は」とバッサリ斬った。

 また、解散総選挙の時期については「今もしも立憲民主党が解散しろ、と訴えたところで、なんでこんな時期に解散しなきゃならないんだ、と国民は思いますから。だからオリンピックの前にやるなんぞ、愚の骨頂だと思いますよ」と激論。

 口べた、スピーチが下手、などと言われることに関しては「記者会見とか国会の答弁とか、秋田弁でやらせたら流ちょうにしゃべると思います」と最後はイジっていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス