文字サイズ

東国原 渡辺直美巡る侮蔑「1年前のLINE」に疑問 足引っ張りたい人なのか

 元衆院議員でタレントの東国原英夫が18日、TBS「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」に出演。渡辺直美を巡る東京五輪・パラリンピックの開閉会式の責任者・佐々木宏氏による侮蔑問題について、「1年以上前のグループLINEが表に出てくるのが疑問点」と指摘した。

 東国原は、内部情報が表に出てきたことに関しては「あくまで打ち合わせの段階、つまり雑談的な話し合いの中の内容が、公にでてきていいのか。出てきたとしても、企画は白紙になったので、打ち合わせの発言を問題視するのはどうなのか」との見解を示した。

 背景をどう推察するかと聞かれると「一定のオリパラ開催に反対している方なのか、個人的な恨みつらみで足を引っ張りたい方なのか。リークはこの数年、週刊誌やいろんなところでリークが行われ、時代の流れになっている。そういう要素があったんじゃないかと思いますけどね」と語った。

 巻き込まれた渡辺については「芸人は自分の身体的特徴を武器にしたり、笑いに変えたりしている部分があります。渡辺直美さんは外国のスター歌手のまねをして、ギャップで笑いを創出している部分もある。武器にしている身体的特徴まで奪ってしまって、いいのだろうか」と述べた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス