文字サイズ

桑田佳祐 憧れのブルーノートで初ライブ…素敵な春を迎えられるよう祈りを込め

 ソロでは初の配信ライブを行った桑田佳祐(中央)=ブルーノート東京
 ソロでは初の配信ライブを行った桑田佳祐=ブルーノート東京
 ソロでは初の配信ライブで歌う桑田佳祐=ブルーノート東京
3枚

 人気バンド・サザンオールスターズの桑田佳祐(65)が7日、都内の老舗ジャズクラブ・ブルーノート東京で、ソロとして自身初の無観客配信ライブを行った。米サックス奏者のデイヴィッド・サンボーンの公演などで、観客としては何度も訪れているというブルーノートでの初ライブにもなり、「このステージに上がるのに憧れていて。楽しく、大人っぽく。素敵な春を迎えられるよう祈りを込めて」とギター弾き語りを交えて熱唱した。

 「若い広場」、「東京」といった代表曲に加え、民放共同企画「一緒にやろう」の応援ソング「SMILE~晴れ渡る空のように~」も初歌唱。昨年から各局スポーツ番組で多く起用されるも、東京五輪延期に伴ってリリース未定となっているが、「皆さんがこういうコロナ禍でもなんか元気になれそうな気がすると言ってくれる。アスリートの皆さんにも、エールが届くように」と歌声に思いを乗せた。

 米ジャズ界レジェンドのドクター・ジョン「Iko Iko」など、1970~80年代のカバーも披露。バンドでのライブでは陽気な演出が目立つが、この日は会場にマッチするようにシックな雰囲気が漂う24曲で、画面越しにファンを酔わせていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス