文字サイズ

蓮舫氏、宣言延長の現状「都民は認識しているのか」の小池知事に「責任は施策にある」

 立憲民主党の蓮舫参議院議員が6日、ツイッターに新規投稿。政府が新型コロナウイルス対策のため首都圏の1都3県への緊急事態宣言をさらに2週間延長したことを受け、東京都の小池百合子知事が「下げ止まり」の現状について「都民は認識しているのか」と問題提起したことを受け、その責任は「都民ではなく、施策にある」と指摘した。

 蓮舫氏は「認識しています。誰もが我慢をし、諦め、早く日常を取り戻したいと思っています」と反論。「下げ止まりなのは都民の責任ではなく、これまでの延長線にある施策にあるのではないでしょうか」と指摘した。その上で、「検査拡大、早期発見と早期治療で感染拡大封じ込めを」と訴えた。

 小池知事は会見で「残念ながら現状は下げ止まりが継続している」とし、緊急事態宣言が今も続いていることの意味について「都民のみなさんは認識されているのか」「改めて認識していただきたい」と問題提起。その目的が「都民の命を守るため、医療従事者への負担を緩和するため」と呼びかけた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス