文字サイズ

尾上松也、キャンドル愛が灯る…100個常備、夜は照明「ほとんどつけない」生活

 歌舞伎俳優の尾上松也が3日、日本テレビ系「スッキリ」で、キャンドルにどっぷりはまった日常を明かし、キャンドル愛を存分に語った。

 松也は今、自宅に100個以上のキャンドルを常備。「1日で20個ちかく焚く」といい、日が沈むとほとんど照明をつけない生活を送っているという。

 帰宅後も、玄関こそ電気をつけるが、リビングに入ると照明はつけず手探りでキャンドルを探して点けている。加藤浩次から照明をつけてキャンドルを探さないのか?と聞かれるも、照明がついた中でキャンドルの火が灯る瞬間と、暗闇の中で火が灯る瞬間は全然違うと力説。

 キャンドルの魅力を聞かれると「火の揺らぎが好き。1秒たりとも同じ瞬間がない。ずっと見ていられる」とうっとり。昨年の自粛期間中に自宅の整理をした際に、プレゼントされたキャンドルが出てきたことから、試しにつけたところ「はまってしまった」という。

 この日は自身のお気に入りのキャンドルも紹介し、終始うっとりの表情。存分にキャンドル愛を語っていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス