文字サイズ

辛坊治郎氏、橋下氏側から大阪府知事選出馬の打診明かす 市長へのくら替え出馬検討時

 タレント・東野幸治とブラックマヨネーズ・吉田敬が、スペシャルなゲストを招いて赤裸々にトークするMBSの特別番組「東野&吉田のほっとけない人」が3日と10日に特別番組としてゴールデン帯(午後8時)で放送される。

 3日のゲストとして、最初に元大阪府知事・大阪市長の橋下徹氏と今春にヨットでの太平洋横断再挑戦を目指すキャスターの辛坊治郎氏が登場。番組で長く共演経験もあり、親交が深く、辛坊氏は「橋下さんはむちゃくちゃ」としながらも「(府知事として)やっていることを見た時に、コレはできない。オレにはムリ」と感じたという。

 かつて橋下氏が、大阪府知事から大阪市長への「鞍替え出馬」を検討していた際、辛坊氏に大阪府知事選への出馬の打診があったと明かす。しかしながら、“とある理由”で出馬を翻意したとも語った。その理由とは?

 また、辛坊氏は、吉田から「ヨットの魅力は?」と尋ねられると、「その時の風をよんで、風の力だけで色んな方角へ行ける。こんなに楽しい事はない」と話し、前回失敗した単独無寄港での太平洋横断への決意を語った。

 もう1組のゲストは「吉本新喜劇」座員チーム(すっちー、酒井藍、吉田裕、島田珠代)。根強い人気の新喜劇だが、コロナ禍で厳しい状況になった座員たちの苦労を、かつて新喜劇の座長だった東野が深掘りする。

 「乳首ドリル」のギャグについてすっちー&吉田裕に質問。ソーシャルディスタンスで長くなったドリル棒に四苦八苦したエピソードを聞き出す。さらに、今プチブレーク中の島田珠代は新ギャグ「パンティテックス」の生まれたきっかけが長期間のステイホームにあったという秘話を披露。

 そして、誰もが怖いイメージがあるという新喜劇のドン・小籔千豊についての暴露話も。ブラマヨ吉田が思わず「悪口始まった…。不平不満たまっているな」と推測するが、すっちーは「小籔が正義。あまりにも正当なんで息苦しい」と胸の内を明かした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス