文字サイズ

菅首相反論 長男秘書起用が端緒と指摘され「12年前の話ですよ」

 菅義偉首相が1日、自身の長男を含む「東北新社」から7万円超の接待を受けていた山田真貴子内閣広報官が入院し、辞職したことに関して、官邸で記者団のぶらさがり取材に応じた。

 菅首相は対応が「後手後手」との指摘があることを聞かれると、「わたしはそのようには思っていません」と返した。

 今回問題は、菅首相が総務相時代に長男を秘書に任命したことが端緒にあるのではと質問されると、「12年前の話ですよ」と返した。「12年間、私は長男とこの問題の形の中で、就職、自分の会社のことを話したこともなかった。いろんなことを、見られますけど、事実はそのようなことだと思ってます」と語った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス