文字サイズ

平野啓一郎氏、「入院」で辞任の山田広報官に要望「元気になった後で説明責任を」

 芥川賞作家の平野啓一郎氏が1日、ツイッターに新規投稿。菅義偉首相の長男正剛氏が勤める放送関連会社「東北新社」から接待を受けていた山田真貴子内閣広報官が2月28日に入院し、この日、辞任が発表されたことを受け、「元気になった後で説明責任を果たすべき」と求めた。

 平野氏は「どんなに繰り返されても、体調を崩した人は責められないという一線は守るとして、だったら元気になったあとで、説明責任を果たすべきだろう」と要望した。

 過去、不祥事や疑惑が浮上した政治家らが入院し、ほとぼりが冷めたかのタイミングで退院すると、その後も説明責任を果たしていないケースが続いている。平野氏は「そこのところは、徹底的に不誠実であり続けている」と苦言を呈した。

 山田氏は前日の入院により、1日に出席予定だった衆議院予算委員会を欠席した。平野氏の投稿のリプ欄には「いくら自民党の伝統芸とはいえ、官僚まで使うようになるとは…。甘利先生や吉川先生、もっといえば安倍大先生も説明責任がまだなんですよね」といった声が続いた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス