文字サイズ

小室&KEIKOが離婚 3年以上顔合わせず調停成立…18年1月に不倫疑惑報道

 音楽プロデューサーの小室哲哉(62)とglobeのKEIKO(48)の離婚が26日、成立した。KEIKOがavexマネージメントの公式ホームページに直筆コメントを掲載し、「この度、小室哲哉さんとの調停離婚が成立いたしました」と発表した。2011年にくも膜下出血で倒れ、リハビリを続けているが、ファンらの応援への感謝を記し、自身の現状についても「大きな後遺症もなく、元気に日常生活」を送っていると説明している。

 関係者によると、今週に入って離婚調停が成立。26日に離婚届が受理された。裁判ではKEIKOに対する、小室の財産分与の支払い義務などが認められた。調停中は2人とも家庭裁判所に出廷したが、顔を合わせることはなく、2018年1月に不倫疑惑が週刊誌で報じられ、小室が引退を宣言した会見後、一度も会っていないという。

 2人は2002年11月22日の「いい夫婦の日」に結婚。KEIKOは初婚、小室にとっては3度目の結婚だった。

 08年に小室が音楽著作権を巡る詐欺事件で逮捕され、11年10月にKEIKOがくも膜下出血で倒れるなど、波乱の結婚生活で、18年1月に週刊誌で小室と看護師Aさんとの3年にわたる不倫疑惑が報じられた。19年には、すでに数回にわたり離婚調停が開かれていることが判明していた。

 不倫報道直後に「引退」を表明した小室は昨年9月、芸能界に復帰した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス