文字サイズ

山口二郎氏、国会で続投表明の山田広報官に「参考人ではなく証人」として招致を

 山口二郎法政大学教授が25日、ツイッターに新規投稿。菅義偉首相の長男・正剛氏が勤める放送事業会社「東北新社」から約7万4千円の接待を受けていた山田真貴子・内閣広報官が同日の衆院予算委員会に出席して職務を「続投」する考えを自ら表明したことを受け、「参考人ではなく証人」として山田氏を招致しなければ真実は明らかにならないのではと指摘した。

 山口氏は「顔つなぎで初めて会った人にいきなり7万円の食事をおごるというのは、いくらなんでも世間の常識に反する話」と指摘。「参考人ではなく証人として呼ばなければ本当のことを言わないのではないか」と見解を示した。

 山田氏は衆院予算委で陳謝した上で、「女性の目線」を踏まえて今後も職務を続けていくと述べた。この日はNHKで国会中継がなかったことを受け、山口氏は「衆議院のウェブサイトのネット中継はアクセス殺到で見られず。NHKがあえて中継しないのは、政権や監督官庁、総務省への忖度かと勘繰りたくなる」と私見をつづった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス