文字サイズ

「海賊戦隊ゴーカイジャー」開始から丸10年 小澤亮太、山田裕貴ら出演者も感慨

 スーパー戦隊シリーズの「海賊戦隊ゴーカイジャー」の放送開始から13日でちょうど丸10年を迎えた。

 「スーパー戦隊シリーズ」とは、75年に始まった「秘密戦隊ゴレンジャー」を第1作とする特撮ドラマシリーズの総称で、今年の3月からは「機界戦隊ゼンカイジャー」が、シリーズ45作目としてテレビ朝日系で放送される。

 その10年前の作品にあたる「海賊戦隊ゴーカイジャー」は、過去の戦隊ヒーローに変身する力を持った「ゴーカイジャー」が活躍する物語。「超力戦隊オーレンジャー」のさとう珠緒や、「百獣戦隊ガオレンジャー」の金子昇といった顔ぶれから、「ゴレンジャー」でアカレンジャーを務めた誠直也、「バトルフィーバーJ」のバトルケニアを演じた大葉健二といったレジェンドまで、歴代戦隊からオリジナルキャストが多く登場した“お祭り的要素”も含んだ作品だった。

 それからもう10年が経過していることに、同作品でゴーカイレッドを演じた小澤亮太はインスタグラム(ozawa_ryota)に当時の仲間とおさまった写真をアップし「ヒーローをやれた事、ずっと宝です」(13日の投稿より引用)などのメッセージを発した。ゴーカイブルーとして出演していた山田裕貴は自身のツイッター(@00_yuki_Y)に「本日2月13日でデビュー10周年だ 忘れてた!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」(午前0時7分の投稿より引用)とちゃめっ気たっぷりにつづっていた。

 ゴーカイシルバー役の池田純矢や、敵役のバスコ・ダ・ジョロキアを務めた細貝圭も、それぞれ思いをツイッターに投稿している。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス