文字サイズ

渡辺王将2連勝 激しい終盤制した 王将戦第2局

対局に臨む渡辺明王将(左)と永瀬拓矢王座(日本将棋連盟提供)
王将戦七番勝負の第2局で永瀬拓矢王座に勝利した渡辺明王将(日本将棋連盟提供)
2枚

 渡辺明王将(36=名人、棋王との三冠)に永瀬拓矢王座(28)が挑戦する、第70期王将戦七番勝負第2局第2日が24日、大阪府高槻市の「山水館」で指され、渡辺王将が120手で勝利し、シリーズ2連勝とした。

 先手番である永瀬王座の得意戦法・相掛かりに進み、初日から激しい将棋となった。最終盤はAIの評価値が大幅に揺れる際どい展開に。秒読みの永瀬に対し時間的余裕のあった渡辺が冷静に詰みを読み、熱戦を制した。

 渡辺は「読まされる将棋だった。来週すぐ(第3局が)あるので疲れを取って臨みたい」と意気込んだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス