文字サイズ

平野啓一郎氏、バッハ会長「7月に五輪開幕しない理由ない」発言で「IOCに不信感」

 芥川賞作家の平野啓一郎氏が22日、ツイッターに新規投稿。IOCのバッハ会長が21日、共同通信のインタビューに対し、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が続く中で、東京五輪の中止・再延期を否定し、代替案もないと発言したことについて、不信感をつづった。

 平野氏はバッハ氏の発言について「あまりにも無思慮、無神経で傲慢。ナメてる」と苦言を呈し、「東京五輪だけでなく、IOC自体に強い不信感を抱くようになった」と自身の見解を示した。

 海外メディアが東京五輪中止の可能性を報じる中、バッハ氏は「7月に開幕しないと信じる理由は現段階で何もない。だからプランB(代替案)もない」と、その可能性を否定し、「全ての選手が東京に来ることを望んでいる」と開催に自信を示している。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス