文字サイズ

坂上忍「買っといた方がいいな」 ハチミツ二郎のパルスオキシメーターに感心

 新型コロナに感染し、一時危篤状態だったことを公表したお笑いコンビ・東京ダイナマイトのハチミツ二郎(46)が、22日放送のフジテレビ系「バイキングMORE」の取材に答え、自ら救急車を呼んだ基準が所持していたパルスオキシメーターの数値によるものだったと明かし、出演者を感心させた。

 ハチミツ二郎は昨年12月14日に39度の発熱。自身で救急車を呼び入院した判断基準として「今よく言われている、指にはめる(血中の)酸素を測る機械を、一度自分が倒れていたので個人的に購入していた」と説明。18年に急性心不全と急性肺炎を患った経験から、血中の酸素濃度を測るパルスオキシメーターを所持していたという。「(医師に)90切ったらよく重症と言われていて、88まで酸素数が下がってしまって…」と、数値を見て電話したと話した。

 運ばれた病院で鼻のPCR検査を受け、陽性と伝えられてからは麻酔などで「集中治療室に行ったことは覚えてない。目を覚ましたら8日間眠っていたみたいで」と、22日まで昏睡状態だったことを明かした。

 スタジオでは無事に退院し、仕事復帰も果たしたハチミツ二郎の回復を喜びながら、パルスオキシメーターの威力に感心。お笑いコンビ、アンガールズの田中卓志は「芸人だから普段ふざけてる人が、あれだけ真面目に語ってくれるとすごい重みがある。あと、パルスオキシメーターって本当にすごい効果を発揮するんだと実感した」。MCの俳優・坂上忍も「僕もあれ見て買っといた方がいいなと」と早速、購入を考えていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス