文字サイズ

鳩山元首相、時短営業店6万円支給に「売上高の減少額に比例する協力金に変えるべき」

 鳩山由紀夫元首相が21日、ツイッターに新規投稿。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の下、営業の時短要請に応じた飲食店に1日最大6万円が支給される協力金について、「大きなお店ほどこれではやっていけない」と指摘し、「売上高の減少額に比例する協力金」にすべきだと訴えた。

 鳩山氏は「緊急事態宣言下で時短要請に従う飲食店には一律6万円の協力金が出ることになった」とした上で、「これで小さなお店は喜ぶだろう。しかし大きなお店ほどこれではやっていけず、潰れてしまいかねない」と指摘。「なぜ時短による売上高の減少額に比例する協力金にしなかったのか」と問題提起し、「今からでも遅くはない、変えるべきではないのか」と今後の見直しを提言した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス