文字サイズ

野村萬斎「3代いるときが一番いい」 父・万作&息子・裕基と狂言会

「祝祭大狂言会 2021」に出演する野村萬斎(左)と野村万作
2枚

 狂言師の野村万作(89)と野村萬斎(54)が21日、大阪・フェスティバルホールで「祝祭大狂言会 2021」(4月25日、同所)の記者会見に出席。父・万作から息子・裕基(21)までの3世代が出演することに「3代いるときが一番いいんじゃないかと思う」と語った。

 同公演は裕基が出演する「二人袴」、万作と萬斎が共演する「月見座頭」、萬斎がシテを務める新作「鮎」の3演目から成る。

 3世代がそろうことに萬斎は「狂言の家という単位で演じるに際して、3代いるときが一番いいんじゃないかと思う。解脱したかのような存在感になっている父と中間管理職のような私と、若木の桜のような息子の三世代の華が見られる。人間模様としての奥行きが見られる」と魅力を話した。

 人間国宝の万作は、コロナ禍を「人と人との交流がちぐはぐになりつつあるのが今の世の中」と形容。「1人の人間のいいところと悪いところ、人間の両面性が『月見座頭』には盛り込まれている」と、世相と狂言の演目に通じるテーマがあると話した。

 さらに万作は、観客がマスクをしているため反応が届かない時に「『演ずるのは大変つらい』と思います」とも話した。「笑わなくなった狂言というのが、これからどうなっていくのか気になります」と懸念していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス