文字サイズ

テレ東「午後のロードショー」5000回 在宅で視聴率UP 昨年5月に歴代最高

 テレビ東京の映画放送枠「午後のロードショー」(月~金曜、後1・35)が、22日に5000回を迎える。関東ローカルながら「筋肉アクション!」「サメ!」などのB級作品からアカデミー賞受賞作まで幅広く編成する独自の作品選びで根強いファンを持つ長寿番組。節目を前にテレ東イズムの詰まった番組のDNAを岡本英一郎プロデューサーに聞いた。

 コロナ禍による在宅率の増加により、番組の視聴率は上昇傾向にある。昨年5月6日には邦画「殿、利息でござる!」を放送し、歴代1位の視聴率を記録した。「コロナ禍で苦しい時期に心温まる映画がいいのではないか、と。ツイッターの反応もすごくよかった。思い出に残る作品です」と岡本氏。同時間帯のシェア率も上がっており「家にいて娯楽が少ない中でワイドショーも毎日同じようなニュース。日替わりで楽しませてくれる番組と思っていただけていたらうれしいです」。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス