文字サイズ

安藤優子が告白 母親から「アメリカ人になっちゃいなさい」と言われた

 キャスターの安藤優子が18日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」に出演し、母親から「アンタなんかアメリカ人になっちゃいなさい」と言われた過去を打ち明けた。

 高校時代、アメリカに留学していた安藤は、その後、「日本の大学に戻っては来たんですが、アメリカに戻りたい一心で、バイト代をとにかく稼ぎたい」と、エレベーターガールのアルバイトをしていたという。

 当時、母親に「もう一度アメリカに行って、大学生活を送りたい」と訴えたところ、「勝手にしなさい。アンタなんかアメリカ人になっちゃいなさい」と突き放されたことを明かした。

 「すごいわね」と思わず笑った司会の女優・黒柳徹子に、安藤は「どういうことを言いたかったかっていうと、アメリカに留学して帰って来た時に、私があまりにも、親の目にはですよ、アメリカかぶれに見えた。アメリカナイズ。当時、羽田空港だったんで、帰ってきた時に親が迎えに来てくれてて。留学生活を終えて。その時、私は茶髪で、飛行機に乗ってきたにもかかわらず、短パンで、ビーサン履いて帰ってきたんですよ」と、帰国した際の自分のいでたちについて説明。

 「それを見た親は、絶対にアレは、私の育てた子供ではないと思ったっていう。本当にこの子はアメリカかぶれしている。その娘が、もう一度アメリカに行きたいとは何事だと。だったらばいっそのこともう日本に帰って来ないでね、アンタなんかアメリカ人になってくれと」と、親の心情を説明していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス