文字サイズ

池田エライザ、初監督「伝えたい言葉を、すてきな形で」 初日あいさつ

 女優の池田エライザ(24)が4日、初監督を務めた映画「夏、至るころ」の初日あいさつを、主演の倉悠貴(20)、リリー・フランキー(57)らと都内で行った。

 池田は「映画という媒体で伝えたい言葉を、すてきな形で閉じ込めることができた」と満足げに語った。リリーは「70歳ぐらいのベテランが撮ったみたい」と絶賛しつつ、「(池田に)セットから倉くんが1回出され、戻って来た時、血だらけ…」とジョーク。池田は「してない、してない。そんな映画じゃない」と否定し、笑わせていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス