文字サイズ

渡部会見が紛糾 テレビ各局は復帰に慎重姿勢、出演見合わせ「変更ありません」

 3日に複数女性との不倫問題に対する謝罪会見を開いたアンジャッシュ・渡部建(48)に関して、一夜明けた4日、渡部のレギュラー番組を持つテレビ各局は、現在の出演見合わせなどの対応に「変更はありません」と回答し、いずれも慎重な姿勢を示した。

 6月の問題発覚後、出演を見合わせとなっている「行列のできる法律相談所」「ヒルナンデス!」を持つ日本テレビは、両番組ともに「何か決定が出たということはありません。特別変わりはありません」と回答した。

 11月に収録され、大みそか放送の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の特番「絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時」に関しては「ゲスト出演に関しては原則事前に発表しておりません」とした。

 フジテレビ「Love music」、テレビ東京「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」に関しても、両局ともに「現時点で変わりありません」と回答した。

 3日の会見で渡部は、「まずは謝罪」「6月に起きたことへの謝罪」と強調したが、報道陣からすでに番組収録に参加しており、復帰前提の会見ではないかと追及を受け、紛糾。状況的に、復帰は白紙になったとの見方が強い。

 TBS「王様のブランチ」は11月末で降板が決定している。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス