文字サイズ

「おちょやん」スタート ヒロイン子役はスカーレットでも…華丸も舌を巻く

 NHKの連続テレビ小説「おちょやん」が30日から始まった。大阪の南河内の貧しい家に生まれた竹井千代(杉咲花)が喜劇女優として成長し、上方を代表する女優となる姿を描く作品。初回はヒロイン・千代の子供時代からスタートしたが、子役の毎田暖乃にも注目が集まっている。

 毎田は、昨年放送された朝ドラ「スカーレット」でも、ヒロイン・喜美子の親友・照子(大島優子)の長女・雪子を演じていた。初回のこの日は、酒ばかり飲んで働かない父・テルヲ(トータス松本)を大阪弁で豪快にしかり飛ばす気の強いヒロインの幼少時代を演じている。

 公式ツイッターでも「今日からは千代ちゃんです。見守ってあげてくださいね」とファンへ呼びかけている。

 初回を見終えた「あさイチ」の博多華丸大吉は朝ドラ受けで毎田の演技に脱帽。華丸は「むちゃくちゃ上手。(大阪弁を)まくしたてるように…」と驚いていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス