文字サイズ

中川翔子、ツイッター嫌いボタン導入に反対「それができたらツイッターやめちゃうかも」

 タレントの中川翔子が25日、TBS系「グッとラック!」で、もしもツイッターに“嫌いボタン”が導入されたら「ツイッターをやめちゃうかもしれない」と語り、断固反対の姿勢を見せた。

 番組では、ツイッター社の開発担当が「嫌いボタン」を模索していると投稿したことから一気に広まった「嫌いボタン」導入の賛否を取り上げた。

 これに断固反対を表明したのがしょこたん。「私は絶対になしです」と言い切り「わざわざ嫌いって言いにいくって、攻撃」「いじめと同じ」と真っ向反対。

 しょこたんはツイッターに大好きな絵を投稿することもあるが「そこにわざわざ嫌いとやられたら、絵を描くの嫌になって載せなくなっちゃう」と語り「それが出来たら、ツイッターやめちゃうかも」「言葉って思った以上に人の心を殺す」とも訴えた。

 いいねボタンについては、「うれしいし、『いいね』をしあえること、好きを共有できる、そういう使い方だけをしたい」とも語っていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス