文字サイズ

白濱亜嵐 男前絶賛され「計算です」 平祐奈メロメロも…

 GENERATIONSの白濱亜嵐(27)が5日、都内で開催中の「第33回東京国際映画祭」で行われた主演映画「10万分の1」(27日公開)のワールドプレミアに、W主演の平祐奈(21)、三木康一郎監督と登場した。

 学校一の人気者・蓮(白濱)と、「10万人に1人の確率で発症する」といわれる筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患った莉乃(平)のラブストーリー。

 難役に挑んだ平は、「感情が高ぶるシーンが多くても、亜嵐さんが『大丈夫だよ』と一緒に深呼吸してくれました」と気遣いに感謝。三木監督から「サラッと男前のことができて、ムカつきます。ダメな面がまるでない」とやっかみをぶつけられた白濱は、「全部狙ってやってます。計算です」と冗談めかしていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス