文字サイズ

仲邑菫初段、青木八段に敗れてベスト4ならず 女流棋聖戦本戦2回戦

 囲碁の最年少プロ、仲邑菫初段(11)が26日、日本棋院東京本院で行われた第24期ドコモ杯女流棋聖戦本戦2回戦で青木喜久代八段(52)と対局。青木八段が337手で白番8目半勝ちした。仲邑初段のベスト4進出はならなかった。

 仲邑初段は「難しい碁でした」とコメント。青木八段は、公式戦初対局だった仲邑初段について「攻めが厳しいです。攻められないように打とうと思っていましたが。攻めの迫力がすごいですね」と実力を認めていた。

 青木八段は2012年に女流棋聖を獲得するなど、女性棋士歴代3位となる棋戦優勝11回の実績を持つ強豪。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス