文字サイズ

「アベノマスク」実は143円ですって… 開示文書の黒塗り忘れで判明?

 政府が新型コロナウイルス対策として全国の世帯に配布した布マスク「アベノマスク」について、各業者に発注した枚数や単価を文書で黒塗りにし開示しないのは不当だとして、神戸学院大の上脇博之教授が28日、国に情報の開示などを求め大阪地裁に提訴した。

 また原告側によると、開示された文部科学省の文書の一部に「マスクの単価が税込み143円」との記載があった。同省が黒塗りをし忘れた可能性があるとしている。

 訴状などによると、上脇氏は4~5月、マスク製造業者との契約に関する文書や納品書などの公開を文科省や厚生労働省に請求。ところが、両省は今後の価格交渉に支障を来す恐れがあることや、業者の調達ノウハウに関する情報であることを理由に、公開した文書で発注枚数や単価の部分を黒塗りとした。

 開示文書では、布マスクは1枚100~200円程度で募集されていた。全国の児童、生徒らに配るマスク調達で文科省が作成した文書に「厚労省内に設置されているマスクチームから業者との交渉により、単価が143円(税込み)になる連絡があった」などの記載もあったという。

 文科省関係者は「黒塗りが不十分だった」としている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス