文字サイズ

山口達也元メンバー 一転否認「酒が残っていると思わなかった」無罪狙いと指摘も

 酒気帯び運転の疑いで警視庁に現行犯逮捕され、24日に釈放されたTOKIOの山口達也元メンバー(48)が、一転して容疑を否認していることが25日、分かった。テレビ朝日などが報じた。当初、体内に酒が残っている自覚があったうえで運転したと容疑を認めていたが、その後の検察の取り調べに対し、「酒が残っていると思わなかった」と供述。今後、在宅のまま捜査が続けられる。この日、都内の山口元メンバーの自宅マンション前には、報道陣約30人ほどが集まった。

 大きな「?」がつく“一転否認”だ。

 山口元メンバーは逮捕された当初は「酒が残っている自覚はあった。事故さえ起こさなければ捕まらないと思っていた」と供述していた。しかし、24日に検察の取り調べに対し、「酒が残っているとは思わなかった」と供述を180度逆転。逮捕前夜の飲酒について、午後9時頃から自宅で1人で「麦焼酎をロックで5~6杯飲んだ」などと詳細を話しているものの、翌朝の運転時に身体にアルコールが残っている自覚はなかったと強調した。

 山口元メンバーが釈放された24日夜、警視庁は都内の自宅マンションで本人立ち会いのもとで家宅捜索を行い、事故の前に飲んだとされる1800ミリリットルの麦焼酎の紙パックとコップなどを押収した。

 酒気帯び運転で釈放後に“ガサ入れ”するのは異例だが、急転の容疑否認を受け、酒量など飲酒状況の詳細な裏付けを行うべく踏み切ったとみられる。今後も、在宅のまま任意で捜査が行われるもようだ。この供述の変化について、同容疑が故意犯であることから、無罪を狙う意図があるのではと指摘する識者もいる。

 山口元メンバーは22日午前、東京・練馬区内の交差点で、愛車のハーレーダビッドソン(1200cc)を運転中に乗用車に追突。呼気検査の結果、1リットル当たり0・15ミリグラムの基準値の5倍に相当する0・75ミリグラムのアルコールを検出し、現行犯逮捕されていた。

 この日は、都内の自宅マンション前に約30人の報道陣が集まったが、山口元メンバーが姿を見せることはなかった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス