文字サイズ

芸能レポーターとして活躍 目黒区議の須藤甚一郎さん死去 多臓器不全81歳

 芸能レポーターで現東京都目黒区議会議員の須藤甚一郎(すどう・じんいちろう)さんが11日午後、多臓器不全のため、神奈川県内の病院で死去したことが13日、明らかになった。81歳。東京都出身。通夜は18日午後5時、葬儀・告別式は19日午前10時から東京都世田谷区の公益社用賀会館で。喪主は長男の須藤健太郎氏。

 知人によれば、3月ごろには入院していたという。ヘビースモーカーとして知られていたが、肺の具合が悪く、2カ月ほど前から誤嚥性肺炎を発症。その後、容体が悪化したという。

 須藤さんは早大卒業後、女性週刊誌「女性自身」の記者に。1978年からはテレビ朝日「アフタヌーンショー」に出演。芸能スキャンダルや政治、社会など幅広い分野で、鋭い切り口で取材し人気となった。

 1999年に目黒区議会議員選挙に立候補し初当選。2001年には参院選に民主党から比例代表で出馬するも落選。03年に目黒区議に再選し、19年まで6回当選した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス