文字サイズ

眞島秀和が感染 大河「麒麟がくる」に濃厚接触者なし、撮影続行

 俳優の眞島秀和(43)が新型コロナウイルスに感染していることを所属事務所が事務所の公式ツイッターで10日、発表した。6日に37・8度の発熱があり、医療機関でPCR検査を受けたところ、翌日に陽性の結果が出た。NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」に出演中だが、NHKへの取材によると、出演者、スタッフともに濃厚接触者にあたる人はおらず、大河の撮影は中断せず、継続している。

 眞島が「麒麟-」の撮影に直近で参加したのは7月30日。発熱症状まで1週間あいており、共演者、スタッフは濃厚接触者にあたらないと判断。体調を崩している人もいないという。眞島の出演場面に関しては撮影を後日に回すなどして対応。大河の撮影自体には支障はないという。

 眞島は長谷川博己演じる明智光秀(十兵衛)の盟友・細川藤孝を演じている。

 所属事務所の公式ツイッターによると、眞島は現在、平熱に戻っており、他の症状はない。

 13日に放送スタートする眞島主演の日本テレビ系ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。」(木曜、後11・59)は予定通りに放送。撮影は今月1日に終了しており、共演者やスタッフは濃厚接触者に該当しないと番組公式ツイッターで報告された。

 15日に眞島が出演予定だったトークイベント「ホンのきもち」は延期される。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス