文字サイズ

歌舞伎座が公演一部中止 関係者1人に微熱症状 6日以降は通常通り上演

 松竹は5日、東京・歌舞伎座「八月花形歌舞伎」公演の第3部「吉野山」の舞台関係者1人に微熱の症状が出たとして、同日の第3部の中止した。同夜、関係者が受けたPCR検査が陰性と確認され、6日以降は通常通り上演すると発表した。発熱した関係者の詳細は明かされていない。

 同舞台には市川猿之助、中村七之助らが出演。歌舞伎座では新型コロナウイルスの影響で3月から、観客を入れての公演が途絶え、8月1日に約5カ月ぶりに再開。以後、初めて公演中止となった。

 松竹によると、舞台関係者は4日に微熱の症状が確認されたため、健康観察を行い、PCR検査を実施した。各部総入れ替えのうえで、消毒作業も行った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス