文字サイズ

小沢氏、帰省巡る見解違いも「同じ考え」主張の安倍首相に「絶対に非を認めない政権」

 国民民主党の小沢一郎衆院議員が5日、公式ツイッターに新規投稿。新型コロナウイルスの感染再拡大に伴う帰省の是非について、菅義偉官房長官と西村康稔経済再生担当相の発言の食い違いが指摘されている中、安倍晋三首相が「考え方が違っているということではない」と述べたことを受け、「絶対に非を認めない政権」「総理はまず道徳から学ぶべき」と苦言を呈した。

 小沢氏は「コロナ収束後にやるはずのGo To トラベルを利権のため強行。案の定、感染が全国に拡大。判断ミスによる人災。それでも言い訳に血眼」と指摘。「小学校の道徳教科書では、悪いことをした時に正直にあやまる心の大切さを教えている。総理はまず道徳から学ぶべき」と訴えた。

 帰省に際し、西村氏は高齢者がいる場合に慎重な対応を求めたが、菅氏は「差し控えるべきだとか、そういう考えはない」と自粛を求めない認識を示した。食い違いが指摘されたが、安倍首相は4日の首相官邸で記者団の質問に対して「同じ考え方と言ってもいい」と強調した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス