文字サイズ

吉村知事「誤解招いた」と改めて説明 ポビドン-は「予防薬でも治療薬でもない」

 大阪府の吉村洋文知事が5日、大阪府庁で会見を開き、4日の会見で新型コロナウイルスの軽症患者がポビドンヨードを配合したうがい薬を使った研究の成果について、改めて説明した。

 会見冒頭、「一部誤解があるようなところも見受けられますので、説明いたします」として、「これはコロナの治療薬ではありません。(研究で)明らかになったのは、ポビドンヨードを使ったうがい液でうがいをすると、口(唾液)の中のコロナウイルスが減少し、陰性(へのスピードが)加速する、ということです」と改めて説明した。

 続けて「ポビドンヨードを使ったうがい液でコロナを予防できるわけではありません。感染することを防げる効果が認められたわけでもありません」「治療薬でもない」「改めて申します。予防薬でも治療薬でもない」と繰り返し、重ねて伝えた。

 なぜ、4日に「研究結果」を発表したのか、ということについては、「(治療薬でもないが)ただ感染拡大防止にはかなり寄与する可能性がある」との判断で「呼びかけをした」と強調した。

 吉村知事は、次の研究段階で重症化を防ぐことができるのかを検証する、とした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス