文字サイズ

岡田健史 エール「負けるな、野球人」コロナ禍の高校球児役に熱き思い

 「これっきりサマー」に出演する南沙良(左)と岡田健史
 岡田健史の高校時代の貴重なショット
2枚

 俳優・岡田健史(21)がNHK大阪放送局制作のショートドラマ「これっきりサマー」で高校球児役に初挑戦することが4日、分かった。共演は女優・南沙良(18)。コロナ禍で夏の甲子園出場と夏フェス参加を奪われた高校生男女を描く。

 岡田は「甲子園が全てだと思って日々を過ごしてきた熱い人間の姿や覚悟を大事に演じさせていただきました」と、作品への思いを吐露。全国の球児と親、関係者に向けては「負けるな、野球人。負けるな、みんな」とエールを送った。

 自身も長崎・創成館高野球部で夢舞台を目指していたが、「僕に当事者の気持ちなど分かるわけがない、分かろうとすることが間違っていると言っても過言ではない」と安易な同情はせず。「後世に語り継がれるひとつの原動力」となるよう、寄り添った演技を心がけたという。

 関西地域では全5話を17~21日午後8時42分から、全国では10分まとめ版を22日午後1時50分から放送する。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス