文字サイズ

欅坂46 改名を発表!キャプテン菅井が涙声「5年間の歴史に幕を閉じます」

オンラインライブで改名を発表した欅坂46
オンラインライブで欅坂46の改名を発表した菅井友香(左)
2枚

 アイドルグループ・欅坂46が16日、初のオンラインライブを行い、改名することを発表した。新グループ名のお披露目時期は未定だが、キャプテンの菅井友香(24)が「私たち、欅坂46は5年間の歴史に幕を閉じます。欅坂46と前向きなお別れをします。新しいグループ名となり、生まれ変わります」と心機一転を報告。「欅坂46を好きになってくださって、支えてくださって、ありがとうございます」と涙声で感謝を伝えた。10月に現体制でのラストライブを行うという。

 今年1月に絶対的エース・平手友梨奈(19)が脱退するなど、メンバー卒業が相次いだとあって、菅井は「この2年は出口の見えないトンネルをさまようような状態でした。予測できないことがたくさん起きて、思うように活動できない日もありました。グループの名前が一人歩きして、耳を塞ぎたくなるくらい悩まされた日もありました」と心境を吐露。「もう一度、皆さんと夢を叶えられるように頑張りたいと思ってます。強いグループになることを約束いたします」と画面越しにファンへ誓った。

 欅坂は元々、「鳥居坂46」としてメンバーが募集され、2015年8月の1期生決定と同時にグループ名を変更。妹分の「けやき坂46」も、「日向坂46」に改名後の昨年3月にデビューした。

 昨年9月の東京ドーム公演以来、10カ月ぶりとなったライブでは、結成記念日の8月21日に配信リリースする欅坂名義のラストシングル「誰がその鐘を鳴らすのか?」など、11曲を熱唱した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス