文字サイズ

松本幸四郎「ついにこの日がきた…」 歌舞伎座8月公演制作会見で感慨

アクリル板を置いて行われたフォトセッション。カメラに向かって手を振る(左から)中村七之助、片岡愛之助、松本幸四郎、市川猿之助、中村勘九郎=歌舞伎座(撮影・堀内翔)
「八月花形歌舞伎」の制作発表記者会見に出席した松本幸四郎=歌舞伎座(撮影・堀内翔)
アクリル板を置いて行われた制作発表記者会見。中村勘九郎(中央)、左は中村七之助、右は市川猿之助=歌舞伎座(撮影・堀内翔)
3枚

 新型コロナウイルス感染拡大による休演から、8月1日に5カ月ぶりに再開する東京・歌舞伎座で13日、第1弾となる8月公演「八月花形歌舞伎」の制作発表が行われた。松本幸四郎(47)、市川猿之助(44)、片岡愛之助(48)、中村勘九郎(38)、中村七之助(37)が出席。久々に“職場”へ戻った喜びを語る一方で、感染者数が増加する現状に気を引き締めた。

 歌舞伎座の5カ月間休演は、戦時中や建て替え以外では初となり、幸四郎は「ついにこの日がやってきたかという思いでいっぱい。(本来は)12カ月開いている劇場。12カ月の1カ月目と捉えてます」と再出発に気合。最大1808人収容の客席は、間隔を保ち、花道付近などは販売せず、半分以下の823席に縮小。異例の4部制となり、幕あい(休憩時間)を設けない各部1時間ほどの1演目で、観客を入れ替える。

 観劇スタイルが様変わりするとあって、七之助は「新しい歌舞伎の一歩を共有しましょう」とファンに呼びかけ。歌舞伎特有のかけ声「大向こう」も禁止となり、愛之助は「大向こうがないのは、ガクッとくるものでございます。SE(音響効果)でいいんじゃないかと言いましたが、却下されました」と苦笑いを浮かべていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス