文字サイズ

テレ朝社長 役員昇進の大下容子アナに期待「みんなを引っ張ってもらいたい」

 テレビ朝日・亀山慶二社長は30日の定例会見で、26日付で役員待遇のエグゼクティブアナウンサーとなった大下容子アナ(50)について期待感を示した。

 平日の大型情報番組「大下容子 ワイド!スクランブル」を担当する大下アナの昇進を「もちろん、期待をしているので、非常に重要なポストに就いてもらいました」と説明。「冠が付いている番組をいい形にしてもらいたいし、女性アナウンサーとして存在感をますます発揮して、みんなを引っ張ってもらいたい」と話した。

 慶大法学部出身の大下アナは93年、テレ朝に入社。98年、昼の情報番組「ワイド!スクランブル」に起用され、安定感のある進行で、メーン視聴者層だった主婦層に好感をもって受け入れられた。香取慎吾とのコンビで土曜夜に生放送され、17年9月で終了した「SmaSTATION!!」も足かけ16年担当。最終回には、香取と熱い抱擁(ハグ)を交わした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス