文字サイズ

関ジャニ∞、WEST、関西ジャニーズJr.が7・28「なにわの日」に大集結でっせ~

 関ジャニ∞とジャニーズWESTと関西ジャニーズJr.が一堂に会する初イベント「Johnny’s DREAM IsLAND 2020→2025~大好きなこの街から~」が、通称「なにわの日」である7月28日に大阪市内某所で行われることが26日、分かった。5年後の大阪万博に向け、関西から未来への希望を発信する無観客生配信ライブ。8月からは、大阪・松竹座から各グループがそれぞれの日程で無観客ライブを生配信する。

 7・28。浪速っ子の誇りを結集させる。

 関ジャニ∞、ジャニーズWESTのデビュー組を筆頭に、なにわ男子、Aぇ!group、Lil かんさいの5グループに関西ジャニーズJr.たちを含め、総勢70人超が大阪市内某所に大集合。2025年の大阪万博に向け、未来への一歩を踏み出すべく、関西魂の込もったパフォーマンスを総力戦で届ける。

 テーマは「ゼロ・ディスタンス」。コロナ禍でコンサートは軒並み中止となり、観客を入れた公演の再開にはまだ時間がかかるが、「アイドルたるもの、どれだけ心を近づけられるか」を掲げる。

 イベントタイトルの発案者は、なにわ男子・大西流星(18)。未来を担うJr.たちがアイデアを出し合い、投票で決定。「ドリームアイランド」は万博の会場となる「夢洲」をイメージしており、希望あふれるものになっている。大西は「ワクワク感を共有できるイベントにしたい」と思いをはせた。

 関西勢ならではのオリジナリティーあふれるプランを練っている。ジャニーズWEST・重岡大毅(27)は「振り幅が広い、関西らしさを見せたい」と意気込む。Aぇ!groupの草間リチャード敬太(24)は「昔、関ジャニ∞さんが歌っていた曲を歌ってみたい」と話せば、関ジャニ∞・村上信五(38)は「オレはソロ曲いこうか。若さでは出せない、たかじんさんみたいなギットギトのバラード」と“予告”するなど、濃厚な時間となりそうだ。

 5年後へと夢をつなぐイベント。Lil かんさい・嶋崎斗亜(16)は「僕たちも万博でステージに立てるのであれば世界の人たちにも名前を広げて、いずれは世界的アイドルになっていたい」と壮大な野望を描いた。

 有料映像配信サイト「Johnny’s net オンライン」で配信される。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス