文字サイズ

藤井聡太七段、最年少タイトル挑戦 永瀬二冠破り、31年ぶり記録更新

タイトル戦出場史上最年少記録を更新して喜びを語る藤井聡太七段=東京・千駄ヶ谷の将棋会館(撮影・堀内翔)
永瀬拓矢二冠(左)と対局(日本将棋連盟提供) 
2枚

 将棋の藤井聡太七段(17)が4日、東京・将棋会館で行われた第91期ヒューリック杯棋聖戦挑戦者決定戦で、永瀬拓矢二冠(27=叡王・王座)に勝利。17歳10カ月20日の史上最年少でのタイトル戦挑戦を決めた。藤井七段は8日開幕の五番勝負で渡辺明三冠(36=棋聖・棋王・王将)に挑戦する。1989年12月に、屋敷伸之九段(48=当時四段)が第54期棋聖戦で達成した17歳10カ月24日を31年ぶりに更新した。五番勝負で勝利すれば、同じく屋敷九段の記録を約6カ月更新する最年少記録となる。

 数々の新記録を打ち立ててきた藤井七段が、また将棋界に新たな歴史を作った。

 新型コロナウイルスの影響を受け、リモートで行われたインタビューでは「挑戦は意識せずに、盤上に集中しようと思って臨んだ。挑戦するという実感は、あまり沸かないです」と笑顔。デビューから3年半での挑戦という驚異のスピードにも満足はしていないのか、「プロになってからもうそんなにたつのか、という気もするんですけど…」と語った。

 一度は諦めかけた夢だった。緊急事態宣言の影響で100キロを超える遠距離移動の対局はすべて延期に。愛知県在住の藤井七段は対局を行えず、4月中旬に予定された棋聖戦準決勝も延期された。だが、6月1日に遠距離移動の対局が再開。2日に準決勝、4日に挑戦者決定戦、8日に五番勝負開幕という異例の日程が実現した。

 再び訪れたチャンスにも「特に(最年少は)意識しなかった」と平常心をキープ。プロになってから初めての、2カ月間ものブランクも「自分の将棋としっかり向き合うことができたのかな」と前向きにとらえていた。

 永瀬二冠とは公式戦では初対局だったが、2017年に行われた非公式戦「炎の七番勝負」で対戦。羽生善治九段(49)ら6人を撃破した藤井七段が、唯一敗れた相手だった。永瀬二冠の先手で、戦型は相掛かりに。中盤は劣勢とみられたが、粘り強い差し回しで逆転。終盤は永瀬二冠に誤算があったのか、一気に大差となり、最後は永瀬玉を即詰みに討ち取った。

 五番勝負で待ち受ける渡辺三冠は、現役最強の呼び声も高く、通算タイトルは歴代5位の25期。公式戦での対戦は19年2月の朝日杯将棋オープン戦決勝のみで、その際は藤井七段が快勝した。渡辺三冠の印象を「最近特に充実されているなと感じています」とし、「最高の舞台で、自分も成長したい」と謙虚に語った藤井七段。それでもその目は、史上最年少のタイトル「獲得」という快挙も、しっかり見据えていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス