文字サイズ

加藤浩次、若手アイドルがSNSを辞められない背景を推察「なんとかフォロワーを…」

 極楽とんぼの加藤浩次が25日、日本テレビ系「スッキリ」で、プロレスラーの木村花さんの急死について、若いアイドルなどにとってのSNSの関係性に言及。フォロワーが増えた方がオーディションなどが受かりやすいという背景があるのではないかと指摘した。

 加藤は、「テラスハウス」に出演していた木村さんがSNSで激しい誹謗中傷を受けていたことに「言葉狩りはしたくないけど、完全に相手の自尊心、心を削りにいってる。その言葉は絶対にだめ」「完全に刺しにいってる」などとコメントし、匿名で中傷を書き込む人を厳しく断じた。

 それでもSNSを続ける若いアイドルや駆け出しの芸能人などがいることに「なんとかSNSでフォロワー増やそうとしてるんですよ。それはなんでかっていうと、いろんなオーディションにフォロワーが多い方が受かりやすいっていう現状がどっかにあるわけですよ」と指摘。

 そして「SNSをやめたいと思っても、ずっと続けてフォロワー増やした方が、自分も仕事がもうちょっとできるんじゃないかってそういう背景もある。やめられなかったり続けなきゃいけなかったりとか、そういう所も背景にあるのかなって、多面的な部分あるのかなって」と、辞めたくても辞められない事情を推察。

 木村さんが亡くなったことに「本当に残念だけど、亡くなったことは考えた方がいい」と、その死を無駄にしないよう、背景を考えるべきとも訴えていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス