文字サイズ

小沢氏が安倍首相に苦言「経済補償の『ほ』の字もない」「五輪日程だけは迅速に決定」

 国民民主党の小沢一郎衆院議員が1日、公式ツイッターに新規投稿。この日行われた参院決算委員会で、安倍晋三首相が新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策について「来週に取りまとめる」と述べたことを受け、「経済補償の『ほ』の字もない」と苦言を呈した。

 小沢氏は「2月末の『1~2週間』が『ひと月』になり、もはやどれだけ続くかわからない。政府の説明もかなり曖昧になってきている」と指摘した上で、「それでも五輪の日程だけは迅速に決まり、片や経済対策は未だ決まらず、規模も限定されたものになる」と、いまだに“五輪ファースト”とも指摘される現状を懸念した。

 東京都飲食業生活衛生同業組合が「自粛を要請するのであれば補償とセットにしていただきたい」と切実な思いを発するなど、大きなダメージを被っている人たちから「経済補償」を求める声が強まっている。小沢氏は「この間、経済補償の『ほ』の字もない。諸外国に比べて対応が遅すぎ、無さすぎ」と批判した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス