文字サイズ

PRIZMAX無観客解散ライブ 森崎ウィン「みなさんの心の中に残り続ける」

 男性6人組ダンス&ボーカルユニット・PRIZMAXが27日、東京・日テレらんらんホールで解散ライブを行った。2回公演でファン計1800人を動員予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で無観客開催となり、動画サービス「ニコニコ生放送」で生中継した。

 3月27日は7年前にデビューシングルをリリースした記念すべき日。こだわりを持っていただけに、森崎ウィン(29)は「無観客は正直悔しいです」と素直な心境を告白。それでも「何かを届けないといけない。一番に来るのは感謝ですね」と前を向いた。

 普段と違うガランとしたホールの光景にも、メンバーはこん身のパフォーマンスを披露、1stシングル「Mysterious Eyes」など、アンコールを含めて全15曲を熱唱した。リーダーの清水大樹(28)が「本当に最高の期間をありがとうございました」と言葉を詰まらせれば、森崎は「PRIZMAXは、みなさんの心の中に残り続けると思います。僕らの心の中にも残り続けます」と宣言。全国で見守るファンに最後の雄姿を刻みつけた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス