文字サイズ

テレ朝社長「10万円で」で買ったキノコで撮影認め「深くお詫び」 宝くじのヤラセには反論

 テレビ朝日は25日、都内の同局で定例の社長会見を開いた。

 バラエティー番組「10万円でできるかな」(月曜、後8・00)の宝くじ企画での“やらせ疑惑問題”ついて、亀山慶二社長は「当たりの傾向や法則を少しでも確認し、スクラッチの開け方をどう見せるかを検討するために、事前に10万円以上のくじを購入したことがあったことは事実」と説明。ただ「本番では新たに購入したくじを使用しており、事前に傾向・法則を確認するために削ったくじを実際の撮影で使用することはありません」と話した。

 一方で、同番組の深夜放送時代に10万円で借りた土地にキノコを栽培する企画では、キノコが育たずにスタッフがスーパーで購入したものを地面に貼り付けて撮影したという報道を認めた。「不適切な演出であり、視聴者のみなさま、関係者のみなさまに深くお詫びします」と謝罪した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス