文字サイズ

前澤氏 審査料で4億超回収か 審査10万円の起業企画に4300の応募提案

 ZOZO創業者でスタートトゥデイ社長の前澤友作氏が20日、10億円を10人の夢ある起業家に投資する総額100億円企画「前澤ファンド」に、4000件を超える応募があったことをツイッターで伝えた。提案1件につき審査料10万円を徴収すると告知していた。

 前澤氏は16日夜に締め切った応募について「#前澤ファンドの報告です。集計の結果、皆さまからのビジネス提案数が【4,331件】となりました」と報告。「合否に関わらずコメント付きで結果を通知いたしますので、少々お時間いただければと思います」としている。

 前澤氏は同企画開催を7日に発表。「総額100億円の#前澤ファンドをスタートします。10億円を10人の夢ある起業家に投資します!あなたのビジネスアイデアをご提案ください。前澤全面バックアップで一気にビジネスを拡大し上場も狙いましょう!」と呼びかけていた。

 一方でルールとして「皆さんからの提案には、合否関係なく僕から一件一件コメントを返します。本気で返しますので、皆さんからも本気の提案をお待ちしています。こちらもそれなりに時間とパワーを使いますので、提案一件につき10万円(税込)の審査料をいただきます」とことわっていた。

 前澤氏の応募数の発表を受け、ネット上では本当に審査料10万×4300件で、4億3000万円が集まったのかと注目する投稿が続いている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス