文字サイズ

大河「麒麟がくる」は4話連続ダウンの13・2% 「ポツンと」「イッテQ!」に完敗

 16日に放送されたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(後8・00)の第5話の関東地区の平均視聴率が13・2%だったことが17日、分かった。1月19日の初回は19・1%と好発進したが、2回目以降、17・9%(1月26日)、16・1%(2月2日)、13・5%(2月9日)と数字を落とし、今回で4話連続のダウンとなった。関西地区は15・7%だった。

 なお、BSプレミアムでの放送は番組最高の4・5%だった。

 同時間帯ではテレビ朝日系「ポツンと一軒家」が18・4%、日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」が15・7%だった。(数字はビデオリサーチ日報調べ)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス