文字サイズ

小沢一郎氏、国会でヤジの安倍首相の反論「罵詈雑言」に「もはや駄々っ子」と苦言

 国民民主党の小沢一郎衆院議員が13日、公式ツイッターを更新。安倍晋三首相が12日の衆院予算委員会で、立憲民主党の辻元清美議員に対して「意味のない質問だよ」とヤジを飛ばしたことを認めた上で「「私に言わせれば、質問ではなく罵詈雑言(ばりぞうごん)の連続」などと反論したことについて、「もはや駄々っ子」と、感情的になる首相の姿に苦言を呈した。

 小沢氏は「これだけひどい状況で総理自身に対する当然の批判を『罵詈雑言』と捉え、怒ってしまう総理」と切り出し、「総理とはどんな時も絶対に感情的になってはならない職責のはず。それがこの程度で激高。感情的というより、もはや駄々っ子の幼児の如きである」と指摘。「これがこの国の総理。正に悲劇である」と嘆いた。

 安倍首相が発した「罵詈雑言」はツイッターのトレンドワードになった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス