文字サイズ

前川元次官 安倍首相に皮肉「嘘つきは他人を嘘つきと呼ぶ」

 加計学園問題を巡る告発と出会い系バー報道で騒動となった元文部科学事務次官の前川喜平氏と、菅義偉官房長官の天敵としておなじみの東京新聞の望月衣塑子記者が12日、都内で映画「子どもたちをよろしく」(29日公開)のトークイベントを行った。

 望月氏が、安倍晋三首相が国会答弁で野党議員を「嘘つき」よばわりして問題となっていることに触れると、前川氏はトーク中に「嘘つきは他人を嘘つき呼ばわりします。特定の人のことは言ってませんよ、一般論ですからね」と笑みを浮かべた。

 また「最近、思うんですけど」と切り出し、「物を考える人は人との違いが見えてくるが、考えない人は、空っぽだからかたまって大きな勢力を作れる。安倍さん…あっ、言っちゃった…。周りには物を考えない人間が自分の欲得だけで集まっている。怖いのは、物を考えてない人は利害さえ一致すればかたまれる」と持論を展開した。

 映画は、中学生のいじめと自殺、その裏にある家庭の問題をテーマに描いており、前川氏は企画として携わった。複雑な家庭環境の中で、デリヘルで働く主人公について「優樹菜という主人公には、私がY新聞に書かれた、新宿歌舞伎町で出会った女性たちの姿が投影されています。虐待も歌舞伎町で聞いた話です」とぶっちゃけていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス