文字サイズ

坂東玉三郎 熊本・八千代座公演30周年迎え今年が最後に「離れないといけない」

 歌舞伎俳優・坂東玉三郎(69)が27日、都内で、八千代座公演三十周年記念「坂東玉三郎 映像×舞踊公演」(5月20日~26日、熊本・八千代座)の記者懇親会を行った。

 1990年に始まった同公演を「ここで一区切りにする」と前公演で既に告知。「区切り」という表現については「最後になると思います。もう何もかもやってきて、これを(続けて)やっていくと再演にしかならない」と打ち明け、「次の世代の方にここ(八千代座)を大事にしてもらうために僕と八千代座が離れないといけない。僕が主みたいになってしまう」と考えを説明した。

 今公演では特に人気の演目「藤娘(ふじむすめ)」、「鷺娘(さぎむすめ)」を披露する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス