文字サイズ

佐々木蔵之介 地元京都の平安神宮で祈願「死んでもいい」に広末「死にたくない」

 俳優・中井貴一(58)と佐々木蔵之介(51)、女優・広末涼子(39)が25日、京都市の平安神宮で映画「嘘八百 京町ロワイヤル」(31日公開)の大ヒットを祈願して、地元の舞妓(まいこ)さんらとともに鏡開きを行った。

 京都を舞台に、中井と蔵之介演じる古美術商と陶芸家のコンビが、幻の茶器をめぐってだまし合いを繰り広げるお宝コメディーの第2弾。大阪・堺を舞台にした前作は、観客動員数の上位をほぼ関西の劇場が独占した。

 中井は「地元密着型の映画。京都で当たらなかったら、どこでも当たらない。続編ができるかどうかは、みなさんの手にかかっている」と、イベントに詰めかけた観客に切実に訴えた。

 京都出身の蔵之介は「平安神宮のこんな厳かな舞台に立てて、あいさつができるなんて死んでもいい」と、地元のひのき舞台に感激しきり。野外での鏡開きが行われた午後5時の気温は8・7度で、中井と蔵之介は「このまま凍え死んでもいい」と続けたが、マドンナ役の広末は「私は死にたくないですけど」とつれない調子で笑わせた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス