文字サイズ

岩井志麻子氏の韓国人侮辱発言で関テレに放送倫理違反…BPO通知

 関西テレビ(カンテレ)は24日、公式ホームページに、バラエティー番組「胸いっぱいサミット!」(土曜、後0・00)がBPO(放送倫理・番組向上機構)から「放送倫理に違反」すると通知を受けたことについて、見解を掲載した。

 問題となったのは昨年4月6日と5月18日放送回。韓国人の夫を持つ作家・岩井志麻子さんが5月18日の放送回で、韓国人の気質を問われ「手首を切るブスという風に考えていれば、だいたい片付く」などと発言し、番組は編集でカットされることなく放送された。

 同局は昨年6月、「そのまま放送した判断は誤りだった。視聴者への配慮が足りず、心情を傷つける表現だった」と韓国人などを侮辱する表現で、そのまま放送すべきではなかったと謝罪した。

 BPOの通知を受け、同局は24日、公式HPで「国の外交姿勢を擬人化した出演者の発言を、視聴者への配慮を欠きそのまま放送した件について」と記し、「当社はBPOの意見を真摯に、重く受け止めております。現在、再発防止に向け、社内体制の強化をはじめ、あらためて多様性の尊重や人権意識の向上を目的とした、全社的な研修などにも取り組んでおります。今後の番組制作に生かすと共に、視聴者の皆様からの信頼回復に努めてまいります」とのコメントを掲載した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス